JavaScriptフレームワークおすすめ比較(2023年版)

概要

現在、JavaScript を使用する開発者は増え続けており、大多数の開発者は、より多くのアプリケーションを開発できるように  JavaScript フレームワーク  を使うことに注目します。

ですが、 JavaScript フレームワーク 10 年間にわたって多くの技術者によって複数開発されてきました。それは各々の思想で作られ、様々なルールを提供します。

Web サイトを設計する上で、JavaScript は外すことはできません。
ですので最適な JavaScript フレームワーク を選ぶことが開発をスムーズにし、ビジネスの成功を手助けします。

ここでは 2021 年に JavaScript を使用する際に、選定対象となるフレームワークを紹介します。

nameGithubStartRecommended
Vue.jshttps://github.com/vuejs/vue189K
Angularhttps://github.com/angular/angular77.1K
Reacthttps://github.com/facebook/react176K

Vue.js

JavaScriptフレームワーク
Vue.js

Vue.js は、PWA(プログレッシブウェブアプリ)を作成するための最高のフレームワークです。
PWA とは、モバイル向けの Web サイトをアプリにように使えるための仕組みで、導入することでプッシュ通知やオフラインでサイト利用をユーザーに体験させることができます。

Vue.js は MVVM(model-view-viewmodel)というアーキテクチャパターンを定義しており、このパターンは view(グラフィカルユーザーインターフェイス)をアプリケーションの model(ビジネスロジック)から分離します。viewmodel は、view と model のデータを同期するコンバーターメディアとして働きます。
この動きを双方向データバインディングといい非常に強力な機能となります。

なぜなら通常の MVC フレームワークであれば単方向でしか、M(モデル)V(ビュー)のデータのやり取りができず、通常であれば C(コントローラー)にロジックを記入しデータのやり取りを操作しなければならないからです。

メリット

  1. 仮想 DOM
    通常 Web ページを操作するためには JavaScript で、DOM(Document Object Model)と呼ばれる、ツリー構造を操作します。Vue.js は仮想 DOM と呼ばれる通常の DOM よりレンダリングコストの低い方法を採用しています。
    通常仮想 DOM は Vue.js が管理しているので、使用者は使い方は意識する必要がありません。

  2. MVVM アーキテクチャ
    Vue.js は MVVM アーキテクチャパターンを使用しており、これは多くの場合開発スピードを高速化できます。
    なぜなら、MVC のようにコントローラーを意識する必要がないからです。

  3. アニメーション機能
    Vue.js で DOM を操作する際にユーザー体験を向上させるためのアニメーション機能を多く提供しています。それは非常に軽快に動作し、かつ学習コストが低いです。

  4. シンプル
    現在主要な JavaScript フレームワークと比べ、非常にシンプルに書けます。
    そのため多くの場合、Vue.js のほうが学習コストが低くスタートアップ時の小規模開発に向いています。

  5. SPA(Single Page Application)特化
    Vue.js は SPA(SIngle Page Application)開発を得意としており、非常に簡単に開発を行えます。

デメリット

  1. ルールが少ない
    Vue.js は、非常にシンプルなフレームワークです。それは MVVM アーキテクチャパターンを利用している段階で感じ取れるかと思います。
    しかしシンプルなことがプロジェクトを成功させる要因には決してなりません。大規模な開発を行う際は他のフレームワークを使う場合のほうが長期的に見ていい場合があります。

サンプルコード

<html>
   <head>
      <title>Hello World</title>
      <script src="https://cdn.jsdelivr.net/npm/vue@2.6.12/dist/vue.js"></script>
   </head>
   <body>
      <div id = "intro" style = "text-align:center;">
         <h1>{{ message }}</h1>
      </div>
      <script type = "text/javascript">
         var vue_det = new Vue({
            el: '#intro',
            data: {
               message: 'Hello World'
            }
         });
      </script>
   </body>
</html>

参考

Vue.js についてもっと知りたいを思った場合【未経験からの Vue.js 入門】を参考にしてください。

Angular

前述した Vue.js が小規模開発者向けであるならば、Angular は大規模向けであるといえます。もちろん小規模アプリケーションから作成可能でスケーラビリティが高いので、プロダクトを成長させ続けることが可能です。

Angular は、MVC(model-view-controller)アーキテクチャモデルを採用しています。
MVC の強みはデータ層、ビジネスロジック層、データアクセス層を分けて開発を行えるのでコードが複雑化しづらく、またエンジニアの役割を分担することが可能になります。

Angular の開発は Google が行っており、非常に長い間アップグレードを重ねてきています。ドキュメント・サポートともに万全です。すぐに開発を行えます。

JavaScriptフレームワーク
Angular

メリット

  1. TypeScript サポート
    Angular は TypeScript をサポートしています。
    生の JavaScript より、保守性が高く効率的なアプリケーション開発を行えます。
  2. 双方向データバインディング
    Vue.js と同様双方向データバインディングをアプローチしています。
    これにより、開発者は DOM 操作をより効率的に行えるようになりました。
  3. MVVM アーキテクチャ
    Angular は MVVM アーキテクチャパターンを使用しており、これは多くの場合開発スピードを高速化できます。なぜなら、MVC のようにコントローラーを意識する必要がないからです。もちろん MVM アーキテクチャモデルもサポートしているので、プロジェクトにふさわしいモデルを選択してください。
  4. ディレクティブの使用
    Angular はディレクティブと呼ばれる機能セットを持っています。
    これの素晴らしいところは、Script と HTML ページを一つの機能としてバンドルしており、使用者はそれを組み込みたい Angular アプリケーションページに追記するだけで容易に使用できます。またはこのディレクティブ機能を開発者で好きに作成することが可能でそれはカスタムディレクティブと呼ばれます。
  5. 素晴らしいドキュメント
    さすがは Google といったところでしょうか。公式ドキュメントが非常にわかりやすく、豊富です。初心者でも時間をかければ公式ドキュメントだけで仕事を行えます。

デメリット

  1. 高い学習コスト
    Angular は他の Javascript フレームワークと比べ非常に学習コストが高いです。基本的な MVC の理解、複雑な設定の理解、様々なコンポーネントの理解が必要です。それは慣れていない初心者にとって思わしくないでしょう。
  2. 煩雑化されたドキュメント群
    実は Angular には後継の Angular.js と呼ばれるものが存在します。
    公式ドキュメントを読むときは問題ないかもしれませんが、エラー解決に Angular を検索したはずが、Angular.js がノイズとなってしまう場合があります。惑わされないでください。

サンプルコード

import { Component } from '@angular/core';

@Component({
  selector: 'hello-world',
  template: `
    <h2>Hello World</h2>
    <p>This is my first component!</p>
  `
})
export class HelloWorldComponent {
  // The code in this class drives the component's behavior.
}

React

JavaScriptフレームワーク
React

ここで紹介するかは悩みました、なぜなら React はフレームワークではなくライブラリだからです。ですが React を使用する上でフレームワークのような扱いができるため、ここで紹介させていただきます。

React は、Facebook によって開発及び保守されている JavaScript のライブラリであり、Web アプリケーションをシンプルで高速、かつスケーラブルなフロントエンドを構築するためのオープンソースライブラリです。

世界中で人気があり、Apple、Netflix、Paypal など非常に多くのトップブランドの企業が React を使用しています。

メリット

  1. 仮想 DOM
    通常 Web ページを操作するためには JavaScript で、DOM(Document Object Model)と呼ばれる、ツリー構造を操作します。React は仮想 DOM と呼ばれる通常の DOM よりレンダリングコストの低い方法を採用しています。
    通常仮想 DOM は React が管理しているので、使用者は使い方は意識する必要がありません。
  2. JAX サポート
    JAX とは JavaScript の拡張構文です。JavaScript と HTML のメタタグを同じ改装でかけるため、非常に柔軟かつ直感的に開発を行えます。
  3. 低い学習コスト
    Angular や Vue.js などと比べ、非常に学習コストが低いです。
    これは React が人気の理由の一つです。非常にシンプルな構文です。

デメリット

  1. 日本で不人気
    なぜか日本では不人気です。理由はわかりませんが公式ドキュメントの日本語化が遅かったのが一つの理由かもしれません。そのため、日本語の参考サイト・ブログなどが、他フレームワークと比べ貧弱です。

サンプルコード


<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>React Test</title>
</head>
<body>
<div id="root"></div>
<script crossorigin src="https://unpkg.com/react@17/umd/react.development.js"></script>
<script crossorigin src="https://unpkg.com/react-dom@17/umd/react-dom.development.js"></script>
<script type="text/babel">
ReactDOM.render(
  <h1>Hello world!</h1>,
  document.getElementById('root')
);
</script>
</body>
</html>

最後に

昨今の開発で JavaScript フレームワークを使った開発を必須です。
なぜなら素晴らしいデザインを短時間で作成できるからです。
あなたが技術者ならばこのメリッドを全力享受しましょう。

JavaScript フレームワークにはそれぞれ向き不向きがあり、どこのメリットを取るかはそのプロジェクトと相談して決めなければいけません。

あなたが最良な JavaScript フレームワークを選べることを願ってます。